お客から好意的に受け入れられるコツ

言い方の違いの例

配達でお客様のオフィスなどに伺う場合、バイク便ライダーはシバシバぞんざいな扱いを受けることがある。

もちろん、ねぎらいの言葉をかけてくれて、人として対等に扱ってくれるお客様もたくさん居るのだが、いつもそうだとは限らないうえ、こちらはお客様を選ぶことは出来ない。

でも、チョットした接客のコツを掴むと、ぞんざいな扱いを受ける確率を減らすことが可能だ。

まず、自分がお客様の立場だったらというのを考えてみれば、どんなヤツだったら、オフィスに入ってきてもウザッたくないだろうか?と自問してみよう。

また、「なんか知らないけど、なんとなくイジワルしたくなるヤツ」の人間像を思い浮かべてみよう。

要は、そんな人間像の対局にあるキャラクターを演じることである。

演じると言っても、なにも役者なみの演技をする必要はない。
接客の間だけ快活なキャラクターを演じるには、ちょっとしたポイントを押さえるだけで十分だ。

私の経験から、なんかオドオドと自信なさげにオフィスに入っていって、所在なげにしていると、全員からシカトされるということは多かったが、逆に「失礼します。バイク便の○○です。□□様のご依頼でお荷物の引取に参りました」と声をかけて、無視されることは少なかったように思う。

また、声のトーンと、顔の表情は重要である。

同じセリフを言うのでも、張りのない沈んだトーンで言うセリフと、決して大声というワケではないんだが、よく通る声でハッキリと発音したセリフでは、明らかに相手の反応が違う。

また、伏し目がちで、殆ど相手の顔を見ずに話す人間も好感は持たれにくいだろう。

適切な表現ではないかも知れないが、そうゆうキャラクターを演じて接することで、
相手にナメられないという効果があるように思う。

なんというか「コッチは貴方を1人の人間として、真っ当に扱っていますよ。貴方は私をどう扱ってくれますか?」という、見えないプレッシャーをかけることになっているのかも知れないと思うときもあるが、実際はわからない。

ただ、このように快活で明るいキャラクターで客先にお伺いしたときは、お客様もコチラに対して、一定の敬意を保って接してくれる場合が多い。

要は自分が相手に発信していることが、そのまま自分に返ってくるのだ。
真っ当に扱って欲しければ、まず自分が、相手を1人の人間として真っ当に扱っているのか、今一度振り返ってみると良いだろう。


スポンサードリンク



【サイト内の現在位置】

【Top】 【円滑な業務の為に】 【お客から好意的に受け入れられるコツ】

カテゴリー 【 円滑な業務の為に 】 の目次

● お客から好意的に受け入れられるコツ

● 配車係も人の子

● 配送時間短縮のコツ


※このページは 【 お客から好意的に受け入れられるコツ 】 です。


【スポンサードリンク】

Yahoo!カテゴリ登録サイトです。
Yahoo!カテゴリ掲載サイトです。

【ご注意】

当サイトは、これからバイク便という職に就いてみようと考えている方が、安全かつスムーズに就業するために、知っておくと便利な業務上のコツをまとめたものです。 バイク便ライダーの在り方や、業務に対する向き合い方、安全管理等については管理人の個人的な考え、意見が多分に含まれています。基本的には、管理人が「良かれ」と思って書いていることですが、ご自身の考え方・ポリシー等と激しく食い違うと感じられる箇所については、あくまでも参考意見程度にお考え下さい。