青天の霹靂!歩行者妨害

歩行者妨害のイメージ

先を急ぐ者ならバイク便ライダーでなくても、つい犯しがちな違反が 歩行者妨害 だ。


正式には横断歩行者等妨害というようだが、通常、我々は「歩行者妨害」などと呼んでいる。
要は、上の写真のように、横断歩道を渡ろうとしている歩行者の前を横切ってはイカンというルールだ。まぁ、言ってることはわかるのだが、歩行者のどれくらい前を横切ると違反になるのかという点が曖昧なように思われ、それが我々が気を付けなければならないところだ。


もちろん、最も気を付けるべきは、横断歩道上で歩行者と接触することだ。横断歩道と言うだけあって、あそこは 歩道 なのだとハッキリ認識する必要がある。ゆえに、横断歩道上で歩行者相手に事故を起こすと、メチャクチャ不利な展開になることは想像に難しくないし、実際メチャクチャ不利である。


だが、その分を差し引いたとしても、このルールはオートバイを含む、全ての自動車を運転する者にとって気を付けるべきルールである。


歩行者の安全を守るという観点からは必要なルールだとは思うが、時に理不尽なルールだなと感じることもある。おそらく警察に言わせれば、厳密な判定基準があるのだろうが、歩行者のどのくらい前を横切ると違反と判定されるのかは、その場で見ている 警察官の腹一つ(?) ではないかというのが、実際に何度かこの違反で捕まったことがある私の感想である。


まるで、後出しジャンケン のように姑息で、野球の隠し球 のように不意打ち的に オマエは違反をした と言われ、セイテンの霹靂といった気分にさせられる。


まぁ、自分としては悪気は無くても、はたから見れば危険だと判断されるような運転だったのかなと思うことにしたが、それでも、いまだに納得のいってない件もあるにはある。


どこかで聞いた話じゃ、歩行者の5メートル以内を横切ったら、歩行者妨害と判定されるとか聞いたが、私はその話は信用していない。


昔、わりと広めの道路の反対車線側にいた警察官が、突如、私の方にダッシュしてきたと思ったら、歩行者妨害だと言われキップを切られたことがある。


一体、私が誰の妨害をしたのか?


と聞くと、その警察官が言うには、自分が横断歩道の向こう岸(私から15メートルくらい離れてたと思う)に居て、今まさに横断を開始しようとしてるにもかかわらず、私がバイクで横断歩道を通過しようとしていたので、危ないと思い、慌てて駆け寄ってきて捕まえたのだと言う。


ハッキリ言って「は?」と言うしかない。


私に言わせれば、危ないのは、アンタが自分で駆け寄って来たからではないのか?
ってゆうか、アンタそもそも、別に今、ココ渡ろうとしてなかったろ。。。。

・・・と言う感じだが、その警察官の顔には 俺がルールブックだ と書いてあったので、私は議論をする気も失せ、不本意ながらキップを切られてやった。


下に道交法に引用を掲載しておくが、ブッチャケよくわからない。
ま、暇な人は、これを暗記して、イザという時に、警察官を論破することを試みてもイイかもしれないが、バイク便ライダーたるもの、そんな暇はないと思うので、バイク便歴12年の私なりの結論だけを述べて締めたいと思う。



横断歩道を渡ってる人が居るとき、または渡り始めようとしてるっぽい時。
ソイツ等が通り過ぎるまで黙って見てろ!

これに限る。



【引用:道交法第38条(横断歩道等における歩行者等の優先)の第1項】

車両等は、横断歩道又は自転車通行帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。


余談だが、上記の状況にバッチリ該当する行為を白バイ隊員がやらかしている現場を何度か目撃したことがある。もちろん、ナンバーを控え、その場で110番通報したことは言うまでもない。
私は交通ルールを遵守し、交通社会の安全を願う人間である。

スポンサードリンク



【サイト内の現在位置】

【Top】 【ありがちな交通違反】 【青天の霹靂!歩行者妨害】

カテゴリー 【 ありがちな交通違反 】 の目次

● 青天の霹靂!歩行者妨害

● 黄色いラインに乗るな!


※このページは 【 青天の霹靂!歩行者妨害 】 です。


【スポンサードリンク】

Yahoo!カテゴリ登録サイトです。
Yahoo!カテゴリ掲載サイトです。

【ご注意】

当サイトは、これからバイク便という職に就いてみようと考えている方が、安全かつスムーズに就業するために、知っておくと便利な業務上のコツをまとめたものです。 バイク便ライダーの在り方や、業務に対する向き合い方、安全管理等については管理人の個人的な考え、意見が多分に含まれています。基本的には、管理人が「良かれ」と思って書いていることですが、ご自身の考え方・ポリシー等と激しく食い違うと感じられる箇所については、あくまでも参考意見程度にお考え下さい。