パンクに対する備え

パンク修理キット画像

バイク便ライダーたる者、
基本的に全てのアクシデントを自力で切り抜ける覚悟が必要だ。

ここではタイヤのパンクについて、私の考えを述べたい。

まず、私のようにメカ音痴の人間がパンクに備えるには、
バイクの車種選びの段階からコトを構える必要がある。


結論から言うと、チューブレスタイヤ仕様のバイクを選ぶ必要がある。


バイクのタイヤには、中にチューブを仕込んである、チューブタイヤと、
チューブの無い、チューブレスタイヤとがある。


チューブタイヤは主にスポークホイール仕様のバイクに採用されている。
というか、一部例外はあるものの、構造上、スポークホイール車には
チューブタイヤしか、基本的に選択の余地はない。


チューブタイヤの困った点は、パンク修理が面倒というところだ。
まず、ホイールを外し、ホイールからタイヤを外し、中からチューブを引っ張り出して、
穴の開いた箇所にパッチを貼り、また元通りに組み上げるという手間がかかる。


チューブタイヤのバイクで配達途中にパンクしてしまうと、よほどパンク修理に慣れた人でない限り、すぐに配送再開・・・というワケにもいかず、代わりのライダーを手配したりなんだりと、色々厄介なことになる。なにより、お客様に迷惑がかかる。


また、チューブタイヤがパンクすると一気にタイヤの空気が抜けてしまうので、
とりあえず修理できる場所までゴマカシながら走るというマネはできない。
高速走行時だったら大変危険でもある。


その点、チューブレスタイヤだと、よほどデカイ穴が開いた場合でない限り、パンクしてもすぐにタイヤの空気が抜けきってしまうと言うことがない。
また、修理が圧倒的にカンタンだ。


配達途中にパンクしても、しばらくはゴマカシながら走ることが出来るので、
とりあえず、その時、抱えてる荷物だけは届け終えることが出来る。


写真のようなパンク修理キットを1セット携行しておけば、たいていの場面で自力生還が可能である。

この、自力でアクシデントから生還できるというのは、バイク便ライダーにとって大変重要なことだ。


なにせ、基本的には、いつ、どこに配達に赴くことになるかわからない稼業なだけに、真夜中に高速に乗って、もの凄い遠いところへ行くこともある。


そんな時、見ず知らずの田舎町で、パンクでもした日には、心細くて泣くしかない。夜中であれば当然バイク屋とかもやってないし、会社に救援を求めても、求められた方も困るだろう。

そう考えると、やはり自分のケツは自分で拭く・・・という気構えが大事になってくる。
つまり、チューブタイヤのパンク修理がメチャクチャ得意というワケでないなら、おとなしくチューブレスタイヤ仕様のバイクを選んだ方が無難である。


ちなみに、チューブタイヤのパンク修理剤として、タイヤパンドーなるものがあるが、個人的な感想を言ってしまうと、入れるだけ無駄である。


運良く、タイヤパンドーが効いたとしても、あくまでも応急処置でしかないので、すぐに本格的な修理が必要だ。また、タイヤパンドーを使用すると、その後の修理は、おそらくチューブ交換を余儀なくされる。


さらに、タイヤの中がタイヤパンドーの白い液体でデロデロになっているので、修理してくれる人のヒンシュクまで買ってしまうというオマケ付きだ。


どうせ買うならヒンシュクより、パンク修理キットの方がマシである。
下の写真のような足踏み式の小型ポンプは空気圧まで計れてナカナカ良いカンジだ。
しかし、携帯するにはガスの入ったエアボンベが便利かも。
とりあえず、どちらか片方を積んでおきたい。
エアボンベと足踏み式ポンプ

スポンサードリンク



【サイト内の現在位置】

【Top】 【プロの装備】 【パンクに対する備え】

カテゴリー 【 プロの装備 】 の目次

● パンクに対する備え

● バイク便ライダーに最も適したグローブとは

● オールマイティーな便利グッズ

● ゴム紐は素晴らしい!


※このページは 【 パンクに対する備え 】 です。


【スポンサードリンク】

Yahoo!カテゴリ登録サイトです。
Yahoo!カテゴリ掲載サイトです。

【ご注意】

当サイトは、これからバイク便という職に就いてみようと考えている方が、安全かつスムーズに就業するために、知っておくと便利な業務上のコツをまとめたものです。 バイク便ライダーの在り方や、業務に対する向き合い方、安全管理等については管理人の個人的な考え、意見が多分に含まれています。基本的には、管理人が「良かれ」と思って書いていることですが、ご自身の考え方・ポリシー等と激しく食い違うと感じられる箇所については、あくまでも参考意見程度にお考え下さい。