バックミラー活用術・・・危険人物の避け方

バイク便サバイバル術:進路変更編

バイク便ライダーをやっていると、一日に何度もヒヤッとする場面に遭遇する。
ココでは進路変更に伴う危険について述べてみたい。


まず、
自分が進路変更する場合。
これはもう必ず後ろを確認して欲しい。
自分より速いクルマとかバイクって世の中にはイッパイ居る。
ヒョイッと車線を変えた瞬間、後ろから猛スピードで突っ込まれる
というのは現実にあり得るハナシだ。


それは自分も危ないけど、後ろから来た人もビックリして大変に危ない。
場合によっては、それが原因でまた別の事故が発生する恐れもあるので十分な注意が必要である。


しかし、まぁ自分が進路変更する場合なら自分が後ろに気をつけることで、ある程度は危険を回避できるが、他人様が進路変更なさろうとしている場合は、また違った注意が必要だと思う。


世の中にはホント色んな人が居る。
みんながみんな正しいやり方で進路変更してくれるとは限らないのだ(マジです)。
本人に悪気はなくても交通社会には潜在的危険人物がウヨウヨしているのだ。


そんな潜在的危険人物をすばやく発見して回避する為に、
私がバイクを運転する時に気をつけていることをご紹介したい。

まず、自分の真横を走っている車両(クルマ・バイク)が
「コチラの存在に気付いていると思わないこと」だ。


真横というのは案外、気付かれにくいものである。


特に「真横よりチョイ後ろ」に自分が位置しているなら、
そこは自動車のドライバーからは死角に入る為、大変危険である。
これは相手がバイクの場合でも同じだ。


1番確実な防衛策は、「クルマの真横を走らない」ことだが、やむを得ず、その位置を走る時は、並走しているクルマのドライバーから見える位置を走るなどして、自分の存在をアピールしたほうが良い。


次に、
自分より前方を走っている車両を追い越す場合、追い越そうとしている車両が急に進路変更したため、事故になるケースがある。


この、コチラが追い越そうとしている車両の「急な進路変更」に対抗するには、その車両のバックミラーを活用すると良い。

追い越しをかける前に!!

(1)
追い越そうとしている車両のバックミラーを見て、
コチラから相手の顔が見えるかどうか確認する。

そして、

(2)
その運転者がミラー越しに一度でもコチラの存在を確認したなら、
だいぶ危険度は下がったと判断して良いだろう。

さらに、

(3)
何度もチラチラとコチラの様子を気にしているのが
見て取れるようなら、速やかに追い越す。


追い越す場合の注意としては・・・、

追い越すなら、さっさと追い越す!!
そして速やかに安全な位置(相手車両から見える位置)まで移動する。
いつまでも、クルマの横を走っているのは危険だ。


また、コチラから相手のミラー越しに、運転者の顔が確認できない時は、
相手がコチラを意識している確証が無いので、追い越しは控えたほうが無難だ。


無意識というのが1番恐ろしいのです(-.-)


ちなみに私は、前を走っている車両の危険人物度をはかる時に
以下のような項目をチェックしている。良かったら参考にして欲しい。


【1】
車線内でフラフラしていたり、進路変更をしたそうなそぶりが見受けられるか?


【2】
バックミラーやルームミラー、目視で後方を確認している様子があるか?

【3】
前を走っている車両ミラー越しにその運転者の顔が見えるか?
(コチラから見えなければ相手からも見えていないと思ったほうが良い)

上記のような症状がみられたら、かなりの危険人物だと思われるので、近寄らないほうが良いだろう。

しかしながら、バイク便ライダーという仕事柄、常に「先を急ぐ身」であるのが、この稼業の宿命だ。


やむを得ず、追い越すときは十分に気を付けて欲しい。
上記の注意点がいくらか役に立ってくれたら幸いである。

スポンサードリンク



【サイト内の現在位置】

【Top】 【バイク便サバイバル術】 【バックミラー活用術・・・危険人物の避け方】

カテゴリー 【 バイク便サバイバル術 】 の目次

● 【コラム】 鶏ムネ肉79円物語

● バックミラー活用術・・・危険人物の避け方

● 並走の危険性


※このページは 【 バックミラー活用術・・・危険人物の避け方 】 です。


【スポンサードリンク】

Yahoo!カテゴリ登録サイトです。
Yahoo!カテゴリ掲載サイトです。

【ご注意】

当サイトは、これからバイク便という職に就いてみようと考えている方が、安全かつスムーズに就業するために、知っておくと便利な業務上のコツをまとめたものです。 バイク便ライダーの在り方や、業務に対する向き合い方、安全管理等については管理人の個人的な考え、意見が多分に含まれています。基本的には、管理人が「良かれ」と思って書いていることですが、ご自身の考え方・ポリシー等と激しく食い違うと感じられる箇所については、あくまでも参考意見程度にお考え下さい。